Uncategorized

※ITエンジニア必見!自社開発のホワイト企業に転職するための全手順


このページではITエンジニアのために自社開発のホワイト企業に転職を成功するための手順について説明させていただきます。
客先常駐やSESのようなブラック企業を脱出したいと思っているエンジニアは非常に多いです。
しかしながらそのほとんどが「どのようにホワイト企業に転職すればいいか?」ということを知らず転職の失敗を繰り返してしまいます。
正しいホワイト企業の見きわめ方と転職方向を知りたい方は是非参考にしてみてください。

ホワイト企業に入社したいなら自社開発一択!!

まず当然なのですがホワイト企業に入社したいのであれば自社開発一択です。
自社開発とはその名の通り、自社でサービスを開発し提供している企業です。
自社開発の逆の言葉としては客先常駐やSESという表現があり、これはクライアントのサービス開発のために派遣されることです。
何故自社開発=ホワイト企業で客先常駐=ブラック企業なのかは長くなるので簡単な説明に留めます。
客先常駐の場合、
・ピンハネされて給料が安い
・スキルが身につかない
・年ととるとクビになる

など非常にリスクが高いことからIT業界ではブラック認定されています。
また、SES企業はベンチャーや怪しい会社が運営していることも多く、エンジニアの扱いが酷いことも大きな理由です。

管理人
管理人
客先常駐のやばさについては当サイトで色々と説明しているので興味がある方はチェックしてみてください。

自社開発のホワイト企業の見分け方

次にホワイト企業の見分け方について説明させていただきます。
IT業界の場合、ホワイト企業を見分けるのが非常に難しいです。
それは必ずしも会社の規模・知名度とホワイト度が比例しないからです。

ホワイト企業に転職するためには、知名度よりも数多くの企業の情報を集め実際に面接にいって感じ取ることのほうが非常に重要となってきます。
その前段階としてまずブラック企業に引っ掛からないというのが大前提です。
そういった観点からチェックポイントを記述してみました。

自社開発のホワイト企業の見分け方①通年の大量採用を行っていない

自社開発のホワイト企業の見分け方として通年の大量採用を行っていないということがあげられます。
よほど資金力のある企業や、本当に成長している企業でない通年の大量採用は怪しいです。
どのように怪しいか?というと以下のパターンがあります。

・大量に人を集めてプロジェクトがとん挫して会社自体がつぶれる(ゲーム会社などに多い)
・大量に人を集めて優秀じゃない人は客先常駐させる(業界あるある)

管理人
管理人
他にも細かい例はたくさんありますが、とにかく安定して長期で働きたい・一生この会社で働きたいと
思うタイプは大量採用をしている企業は選ばないほうが無難です。

自社開発のホワイト企業の見分け方②勤務先を明記している

自社開発であれば勤務先を明記しています。
一方で客先常駐や派遣は「プロジェクトに準じる」などとあいまいな書かれ方をしています。
IT業界に多いのが自社開発・魅力的な事業内容で人集めをしておいて派遣するというブラック企業です。
これをすることで手っ取り早く人が集まりますし、儲けることができるからです。

確かに配置換え(社内→客先)自体は違法ではありませんが、エンジニアからしたら「騙された」と思いますよね。
最初から客先常駐と説明する企業より悪質と言えます。
ですので自社開発のホワイト企業に転職したいのであれば勤務先が明記してあることがマストです。

自社開発のホワイト企業の見分け方③過度な残業を強制していない

過度な残業がないこともホワイト企業を見分けるうえで重要です。
もちろんITエンジニアの仕事に残業はつきものです。
ですのでプロジェクトの状況によって残業が発生するのは仕方がありませんが、問題は年がら年中残業が生まれている場合です。

管理人
管理人
このような企業は今までもそうだったように、入社したあとも残業をすることになってしまいます。
面接時などに年間の平均稼働時間の確認をすることなどで、ある程度ホワイトかブラックからの判別ができます。

自社開発のホワイト企業の見分け方④退職者が多くない

退職者というのはホワイト企業かどうか?というみきわめの何よりもわかりやすい基準です。
どれだけHPで素晴らしいことをうたっていても大量の退職者がいる企業は何らかの問題を抱えているということの証左です。

・実は人間関係が悪い
・パワハラやモラハラが横行している
・ワンマン企業である
・給料が実は低いor下げられる

など表面的にはみえないリスクがあることは間違いありません。

自社開発のホワイト企業の見分け方④どベンチャーは避けよう

ベンチャーでもホワイト企業がないわけではありませんが、どベンチャーは避けるべきです。
多くの場合、ヒトモノカネがないからベンチャー企業と言われている訳です。

ITエンジニアがホワイト企業に求めるものって、ヒトモノカネがないと成立しないものばかりすよね。
それが足りないしわ寄せは当然エンジニアや社員に来るわけで、やはり常識的に考えてベンチャーとホワイトというのはなかなか成立が難しいのです。
(ただ、大手企業の資本が入った子会社などであれば事情は別です)

簡単!?ホワイト企業に入社するための具体的手順

では次にホワイト企業に入社するための具体的な手順について説明させていただきます。
とはいえ難しいものではありません。
ざっくりいうと、
・自分のスペックを高める
・とにかく数多くの企業の情報を集める
・転職サイトでなく転職エージェントに求人情報を集めてもらう

というだけです。
詳しく解説していきます。

自分のスペックを高める

ホワイト企業に限らず転職に成功するためには自分のスペックを高めることが必要不可欠です。
何故ならどんな企業でもあっても採用枠がある以上、ライバルが生まれるので勝つ必要があるからです。

といってもスペックをそんなすぐに高めることは大変難しいです。
・資格の勉強をする
・面接対策をする
・しゃべる

これくらいでOKです。

管理人
管理人
ちなみに面談対策は転職エージェントで無料で行ってくれますのでこれだけでも利用する価値はあります。

転職活動はお見合いやナンパと一緒!とにかく数打て

転職活動でホワイト企業内定をもらおうと思ったらとにかく数打つことです。
これはお見合いやナンパと一緒です。
あなたが超絶イケメンで黙っていても異性からアプローチを受ける顔面偏差値であれば努力は不要ですよね?
自分の好みの女性を見つけるだけですから。
でもそうでない場合、多くの人に声をかけ自分をアピールし相手に気に入ってもらう必要があります。

転職活動でも全く同じです。
数多くの企業にアプローチさえできれば、あなたのスペックがそこまで高くなくとも転職に成功する確率はぐっと上がるのです。
転職活動で多くのエンジニアが失敗するのが3~4社くらい応募してほどほどの企業で妥協してしまうからです。
単純に応募する数を10倍すればより良い企業に出会える可能性は10倍になります。

管理人
管理人
もちろん体力的な限界や時間的な制約もあるので無限に転職活動することはできませんが、ホワイト企業に内定をもらうためであれば
努力を惜しまないことです。

求人サイトは嘘ばっかり!効率が悪い

ちなみに求人サイトを使うのはおススメしません。
あれは企業がお金を払っていい部分ばかりアピールしているので、嘘も多いです。

管理人
管理人
特に人売りITやブラック企業は嘘が巧妙であったり、いい印象を与えるテクニックにたけてますので転職経験が浅いエンジニアはコロっと騙されてしまうのです。

IT専門の転職エージェントが最強の理由とは?

ですので転職活動には求人サイトでなく転職エージェントを利用しましょう。
転職エージェントは担当が企業の雰囲気な内情まで知っているため、入社後のアンマッチが起こりにくいのです。
これだけでも転職エージェントを利用する価値があります。

また、非公開求人も多いため普通はアプローチできないような企業も面接を設定してもらえたりします。
求人サイトを使ってコツコツ応募するのは情弱と言われても仕方がありません。
転職エージェントを使ってガンガンマッチした企業にアプローチしていくのがホワイト企業に転職する最強の方法です。

まとめ

自社開発のホワイト企業に転職する方法について説明してみました。
ブラック企業で働くリスクは非常に高いため、抜け出せるのであればすぐにでも転職すべきです

若いうちであればまだ派遣SEから脱出できますし、ホワイト企業に転職できます。
理由は簡単でITエンジニアは若ければ若いほど市場価値は高いからです。
弱小の派遣会社を辞め、大手企業や優良企業に就職できるチャンスがあるのは若いうちだと知っておきましょう。

管理人
管理人
ITエンジニアが這い上がるチャンスがあるのは若いうちだけだ!これは間違いないぞ

転職エージェントを絶対に使うこと

ついでながら転職活動には転職エージェントを使うことがマストと言えます。
・非公開求人があるため求人数が圧倒的に多い
・求人サイトの情報は釣りや過大広告が多い
・専属の営業スタッフに企業の雰囲気を教えてもらえる

など求人サイトを使った転職活動と比較すると様々なメリットがあります。
ちなみに転職での失敗理由の断トツ一位は「入社前に思っていたのと会社の雰囲気が違っていた」です。
求人広告や面接の場だけでは判断できないことも多いのです。
転職エージェントの営業は会社の雰囲気もよく知っているためこういったアンマッチを防ぐことができるのも大きな利点です。

管理人
管理人
おすすめの転職エージェントを教えよう。エージェントはたくさんあるがこの三社で充分だぞ

レバテックキャリア




公式サイトはこちら→
IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】

業界でも最大クラスの求人数を誇り、特に強みがあるのが年収アップの実績です。
年収100万円~200万円以上の実績も多数あるため年収アップを狙うインフラエンジニアは是非登録してみましょう。

管理人
管理人
超おススメ!キャリアアップにはド定番の転職エージェントだ

マイナビエージェント×IT




公式サイトはこちら→
マイナビエージェント×IT

国内最大級の求人数を誇り、大手企業との太いパイプを保有しています。
総合力では業界トップクラスを誇る転職エージェントです。

管理人
管理人
大手へのキャリアアップを狙うなら必須の転職エージェントだ

【GEEK JOB】




公式サイトはこちら→
GEEK JOB

未経験、20代、フリーターOKの転職エージェントです。
若手エンジニアの転職希望者は是非是非登録してみましょう。

管理人
管理人
若手SEが転職を狙うならまずは相談してみよう!