Uncategorized

客先常駐はドナドナ!?何故人売りITと言われるかを徹底解説


このページでは客先常駐SEがドナドナと言われる訳について解説させていただきます。
IT業界では客先常駐は「ドナドナ」「人売りIT」などと揶揄されることが多いです。
それはエンジニアに人権がなく奴隷のような扱いを受けるからにほかなりませんが、何故なのでしょうか?
客先常駐SEがドナドナと言われる理由について掘下げて説明してみようと思います。

ドナドナとは?

ドナドナとは世界中で歌われている歌ですよね。
子牛が市場に売り飛ばされているシーンを歌ったもので、もの悲しい「ドナドナ~」というフレーズが哀愁を誘います。
客先常駐もIT業界ではドナドナと呼ばれており、派遣されるSEが子牛に見立てられているわけです。

客先常駐がドナドナと言われるワケについて

客先常駐がドナドナと言われるのはいくつか理由があります。
派遣SEがドナドナと呼ばれる理由をいくつか解説していきます。

お金と引き換えにどんな現場でもいかなくてはいかない

客先常駐SEは商品です。
お金と引き換えにどんな現場にもいかなくてはいけません。
現場に文句をいったりすると不穏分子とみなされクビになったりします。

とにかく文句を言わずもくもくと働くエンジニアが優秀とみなされるのです。
その結果鬱になったり心身のバランスを崩すSEが多いというのも客先常駐の闇の部分です。

給料がとにかく安い

派遣SEの場合、会社から給料をもらえるのですがとにかくそれが安いのが特徴です。
客先常駐の会社(SES企業)5年目が、他社の新卒に毛が生えた程度というのはよくある話です。

安い賃金で長期間こき使われているというのもドナドナと言われる理由の一つです。

不要になったらポイ捨てされる

客先常駐がドナドナと言われる最大の理由は、不要になったらポイ捨てされるからです。
もう少しわかりやすくいうと、クビになるということですね。

客先常駐SEがクビにされるということは当サイトでも散々説明させていただいたので、
参考にしてみてください。

客先常駐SEがドナドナとならないためにはどうすればいいの?

最後に客先常駐SEがドナドナとならないために必要なことを説明させていただきます。

派遣型SEを辞める

客先常駐や派遣型の働き方はとにかくリスクが高いです。
もちろん大手企業やホワイト企業もありますが、ベンチャーや派遣メインのIT企業はほぼブラックだと思っていいです。

派遣型でなく、自社開発や自社サービスを開発している企業や事業会社に転職することが最も大切です。

フリーランスエンジニアになる

フリーランスエンジニアとして独立するというのも選択肢としてはありです。
客先常駐SEのリスキーなのは、何から何まで主導権が自分でなく会社にあることです。
もちろんフリーランスとして独立することで責任は大きくなります。
しかしながら経済的・時間的な自由という面では圧倒的に独立したほうが優位性があります。
自分の人生で何を優先すべきか?という視点で考えるとフリーランスという選択肢は非常にお勧めなのです。