Uncategorized

客先常駐SEがコロナの自宅待機でクビ?給料カット?リアルな現実

このページでは客先常駐SEとコロナ・自宅待機についてのリアルな現実についてお話していきます。
コロナウィルス感染症はIT派遣業界にも大きな影響を与えております。
常駐型エンジニアの場合、派遣先の現場やプロジェクトが決まらず自宅待機になり不安を覚えている方もいると思います。

客先常駐SEとコロナが派遣エンジニアの自宅待機や給料とどう関係してくるのか?というのをIT最前線の現場から解説していきます。

コロナの影響で自宅待機の客先常駐SEが爆増している

まず結論からいうとコロナの影響で自宅待機になっている客先常駐SEはめちゃくちゃ増えています。
これはSES企業(客先常駐や派遣をメインとする企業)の担当者は誰もが同様のことを口にしています。
特に4月末~6月末の期間にかけて強制的に契約を打ち切られるケースが多いようです。
本来この時期に人材の数>案件の数となることはまずないことを考えるとまさに異常事態と言えるでしょう。

とにかく案件がない

まず言えるのがコロナの影響でとにかく常駐案件がないことです。
先行きの見通しが立たない中でプロジェクトの継続ができなくなってしまうケースが大変多いため、全体の案件数が減っているのです。

クライアントの財布事情を考えればわかりますが見通しの立たない中プロジェクトを継続するのはリスクが高すぎます。
(業種によっては経営自体の存続があやうくなるような企業もありますのでそれどころではないのです)
コロナによっていきなり異常な状況が生まれてしまっているわけで、どの企業も必死です。

管理人
管理人
そういった状況を鑑みるとまずはコスト削減のために外注スタッフを切り案件がなくなるというのは当然です。

スキルの低いエンジニアから切られる

とはいえ止めるわけにいかないプロジェクトもありますので、継続するプロジェクトももちろんあります。
そういった現場ではプロジェクトへの貢献の低いスキルの低いエンジニアから切られます。
本当に必要なコアなメンバーだけ残して、なんとか業務を回していくという戦略をとる企業が大変多いです。

SES企業から派遣されてくるITエンジニアのほとんどはスキルが低いことが特徴です。
その代わり単価が安くて使い捨てできるという利点もあるのです。

管理人
管理人
いずれにせよコロナで真っ先に切られるのは客先常駐やSES企業からの派遣エンジニアです。

SES企業は大丈夫?

コロナの影響がIT業界に大きな衝撃を与えているのですが、SES企業は大丈夫なのでしょうか?
結論からいうと、かなり厳しい状況です。
SES企業はエンジニアを常駐させないと利益が生まれません。
お伝えしたように、コロナでそもそも常駐できる案件が激減してますので、利益がガタ落ちなのは言うまでもありません。

問題はいつまで耐えることができるか、という点です。

管理人
管理人
経験豊富やエンジニアを多く抱えコロナの影響が少ない企業は問題ありませんが、ベンチャーで資金力に乏しかったりロースキルエンジニアを大量に抱えている
企業はバタバタ倒産しても全くおかしくないのが現実です。

コロナの影響で自宅待機になった客先常駐SEの給料は?

さて本題です。
コロナの影響で自宅待機になった客先常駐SEの給料はどうなるのでしょうか?
これは企業の方針により異なりますが基本的には給料はカットになると思っていたほうがいいでしょう。

常駐手当はカット

まずコロナに関わらず自宅待機となった場合常駐手当はカットされます。
給料の中で常駐手当の占める割合はそこまで大きくないと思いますが、それでも月数万円程度は手取りが減ってしまいますので
生活に影響はでるでしょう。

管理人
管理人
エンジニア本人に全く責任がないのに給料が減るというのは非常に理不尽ではありますが客先常駐SEは立場が弱いため仕方がありません。

理由問わず待機の場合、給料カットが基本

ちなみにコロナ関係なく、待機となった場合給料カットが基本です。
常駐手当だけではありません。
企業によっては色々な名目で給料をしていて巧妙に賃金を下げてきます。
また、賞与にも影響がでます。

管理人
管理人
待機やトラブルといった会社にとってネガティブな要素があると賞与をカットすることでエンジニアから搾取する、というのがSES企業の基本方針です。

客先常駐SEは立場が弱い

これらは客先常駐SEは立場が弱いことが全ての原因です。
企業からすれば「文句があるなら辞めれば」ということなので、給料が下がってもなくなく我慢するエンジニアが多いのです。

コロナの影響で自宅待機になってクビになることはあるの?

最後にコロナの影響で自宅待機→クビということはあるのでしょうか。
これは企業やエンジニアの雇用状態によって異なりますが、実際にクビになるケースは多いです。
自宅待機からクビになる具体例をだしながら詳しく説明していきます。

試用期間中にクビになる

まずコロナによって自宅待機からクビになるケースで最も多いのが、入社して半年以下の試用期間中である場合です。
試用期間の場合、企業側からするとクビにするのはたやすいので無駄なコスト削減をする場合ここからです。
(本当は法的には試用期間にクビにするには相応の理由が必要です)

正社員でもクビになる

正社員であっても待機からのクビになるケースは多いです。
本来あってはいけないのですが、派遣会社の場合待機エンジニアが増えると会社が倒産しかねません。
そのため、長年勤務した正社員であってもクビにする時はあっさりクビにします。

管理人
管理人
コロナのような緊急事態であればなおさらだと思っていたほうがいいでしょう。

リーマンショックの時を思い出すと・・・

似たようなことはリーマンショックの時もありました。
あの時も案件がなくなりSES企業はエンジニアをガンガンクビにしました。
それでも資金が回らず倒産した企業も少なくありません。

管理人
管理人
今コロナでまさにあの時と同じような状況を迎えていると言えます。

コロナで自宅待機→クビになっているエンジニアは多い?

実際コロナで自宅待機→クビになっているエンジニアは多いです。
特にスキルが低かったり普段から評価の高くないエンジニアはここぞとばかりにクビになっています。

もちろんクビにするしないの判断は企業の置かれている状況によって異なります。

管理人
管理人
ただ、著者が見ている限り資金が潤沢でなくベンチャーや中小企業のSES企業はガンガンクビにしている傾向が強いようです。

客先常駐SEはリスクだらけ

コロナと客先常駐、自宅待機などについて詳しく説明させていただきました。
客先常駐SEは何が起きても大丈夫なように自分の市場価値を高めておく、ということが非常に重要になってきます。
ただし働き方そのものがリスクが高いのであまりおススメはできません。
景気や会社の都合によって給料がガクンと減ったり最悪クビにされたりと実質的にはアルバイトとあまり変わらないからです。
こういったリスクを受け入れ理不尽な目にあっても大丈夫な人のみが派遣型エンジニアとして働くべきかもしれません。

まとめ

客先常駐とコロナについて説明してみました。
本文でも説明したように客先常駐で働くリスクは非常に高いため、すぐにでも転職すべきです

若いうちであればまだ派遣SEから脱出できます。
理由は簡単でITエンジニアは若ければ若いほど市場価値は高いからです。
弱小の派遣会社を辞め、大手企業や優良企業に就職できるチャンスがあるのは若いうちだと知っておきましょう。

管理人
管理人
ITエンジニアが這い上がるチャンスがあるのは若いうちだけだ!これは間違いないぞ

転職エージェントを絶対に使うこと

ついでながら転職活動には転職エージェントを使うことがマストと言えます。
・非公開求人があるため求人数が圧倒的に多い
・求人サイトの情報は釣りや過大広告が多い
・専属の営業スタッフに企業の雰囲気を教えてもらえる

など求人サイトを使った転職活動と比較すると様々なメリットがあります。
ちなみに転職での失敗理由の断トツ一位は「入社前に思っていたのと会社の雰囲気が違っていた」です。
求人広告や面接の場だけでは判断できないことも多いのです。
転職エージェントの営業は会社の雰囲気もよく知っているためこういったアンマッチを防ぐことができるのも大きな利点です。

管理人
管理人
おすすめの転職エージェントを教えよう。エージェントはたくさんあるがこの三社で充分だぞ

レバテックキャリア




公式サイトはこちら→
IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】

業界でも最大クラスの求人数を誇り、特に強みがあるのが年収アップの実績です。
年収100万円~200万円以上の実績も多数あるため年収アップを狙うインフラエンジニアは是非登録してみましょう。

管理人
管理人
超おススメ!キャリアアップにはド定番の転職エージェントだ

マイナビエージェント×IT




公式サイトはこちら→
マイナビエージェント×IT

国内最大級の求人数を誇り、大手企業との太いパイプを保有しています。
総合力では業界トップクラスを誇る転職エージェントです。

管理人
管理人
大手へのキャリアアップを狙うなら必須の転職エージェントだ

【GEEK JOB】




公式サイトはこちら→
GEEK JOB

未経験、20代、フリーターOKの転職エージェントです。
若手エンジニアの転職希望者は是非是非登録してみましょう。

管理人
管理人
若手SEが転職を狙うならまずは相談してみよう!