Uncategorized

※SESを1年で転職するエンジニアはあり?その転職理由は?また失敗しないためにはどうする?


このページではSES企業を一年で転職するエンジニアはありか?ということについて説明していきます。
また、SES企業から転職する際に必ず聞かれる転職理由についても掘り下げていきます。
ITエンジニアとしての転職に失敗したくない方は是非参考にしてみてください。

SES企業を一年で転職はありなのか?

SES企業を一年で転職するのはありかなしかでいうとありです。
というかSESや客先常駐企業はステップアップの踏み台に使うものであって、長く勤める場所ではありません。
また、ITエンジニアの場合他の業種と比べて転職のサイクルが早いこともあり一年で転職したとしても普通の転職理由さえあれば転職に不利になることはありません。
ですので結論としてはありなのでガンガン転職活動をすべきなのです。

ITエンジニアの旬は短い

SES企業を踏み出しにすべき理由ももちろんあります。
それはITエンジニアの旬は短いということです。
のんびりと派遣エンジニアをしているとあっという間にうだつの上がらないおじさんエンジニアです。
ITエンジニアは旬が短い分、他の仕事の2~3倍くらいのスピード感でキャリアを積んでいくくらいのイメージでちょうどいいです。

管理人
管理人
それくらいしてようやく他のエンジニアより一歩抜け出すことができるのです。

SES企業に搾取させるな

理由はそれだけではありません。
当サイトで何度も説明しているようにSES企業(客先常駐企業)で働くいうことは中間企業や所属企業にピンハネされるということです。
ピンハネの詳細は割愛しますが、エグイです。
都内の一等地にオフィスを構え、営業や内勤の給料がどこからでてきるかと考えればそのエグさは想像できるのではないでしょうか?

管理人
管理人
社員からピンハネして色々使ってさらに内部留保で溜め込んでいる訳ですから、派遣エンジニアが豊かな生活を送れるはずがありません。

そういった意味からもSESから早めに脱出することは非常に有効と言えるのです。

SESからの転職理由はどう答える?

次にSES企業からの転職理由について解説していきます。
意外と多いのが「一年で転職したら印象が悪いのでは?」とか「しっかりした志望動機を作らないといけないのでは?」などとネガティブに考えるエンジニアです。
結論からいうと全く心配ありません。

現在ITエンジンアは売り手市場です。
企業は基本的には採用したくして仕方ないのですし、そのために多額の広告費を投じています。
よほど採用ハードルが厳しい一流企業を除けば、短期間で転職活動をしているからといって不採用になることはありません。
とはいえ一応心配な人もいるかもしれませんので、転職理由の例をあげてみます。

SESからの転職理由①スキルアップのため

SESでスキルが身につかないというのはIT業界の常識です。
向上心のあるエンジニアであればそういった環境を嫌い自分の成長を望むものです。
ですのでスキルアップのために御社を志望しましたという志望動機は全然OKです。

SESからの転職理由②年収アップのため

SESや派遣SEは年収が低いというのも業界の常識です。
年収ベースで100万円~200万円ほど低いことも少なくないため、まともなITエンジニアであれば転職をしたいと思うはずです。
現在の企業の年収がいかに低く、今後もあがらない見通しであるかということを転職理由にするのは全く問題ありません。

SESからの転職理由③やりがいがない

SESでやりがいを求めるのは非常に難しいです。
それは携わる業務や言語、期間まで会社に指定されたものだからです。
IT未経験のエンジニアであればまだしも、ある程度スキルと経験をもったエンジニアでは満足がいかなくってくるのは当然です。

管理人
管理人
やりがいをもとめて自分の能力を発揮できる環境に転職するというのはITエンジニアとして当然の転職理由です。

SESからの転職理由④会社への熱意

SESが嫌で辞めるというよりは御社に魅力を感じて転職したいです、と熱意を伝えるパターンもありです。
会社を辞めたい訳ではないのですがどうしても御社に入社したいですというのは志望動機としては強いです。
また、短期間での転職理由としてもマッチするため本当に志望度の高い企業への転職理由としては使えると思います。

SESで懲りたエンジニアが転職で失敗しないためにはどうする?


さて、最後にSESで懲りたエンジニアが転職して同じような失敗をしないためのコツをお伝えします。
実はIT業界で短期の転職を繰り返すエンジニアが多いのは同じような失敗をしているからです。
次は大丈夫だろうと思って入社してもまた同じミスをしてしまう、というケースは実に多いのです。
そのような転職の失敗をしないために以下参考にしてみてください。

企業の調査を入念に

まず転職で失敗しないためには企業の調査を入念にすることです。
転職会議や口コミサイトで少しいいことが書いてあっても安心してはダメです。
ああいったサイトは企業がサクラで書き込んでいることも多いです。
(特にブラック企業は悪い評判を消すために積極的にそういったことをしてきます)

管理人
管理人
5ちゃんなどの掲示板やSNSなど少しでも情報源となるものはフル活用して調査することをおススメします。

派遣や客先常駐は論外だと思え

当たり前のなのですが、派遣や客先常駐は論外です。
好き好んでいくのであれば止めませんが、年収・スキル・将来性などITエンジニアとして必要なものは一切手に入りません。
自分の会社で嫌なことがあるとこのように転職のための転職をしてしまう人がいますがおススメしません。

管理人
管理人
転職活動に少し時間がかかったとしても必ず客先常駐以外の会社でキャリアアップを目指しましょう。

少しでも多くの企業にアプローチして自分にあった会社を選ぶこと

転職活動のポイントとして少しでも多くの企業にエントリーすることがあげられます。
人と会社というのは相性があります。
少しでも自分のフィーリングにあった企業に入社するためには多くの企業にアプローチして確率を上げるほかないのです。

管理人
管理人
転職エージェントであれば効率的に多くの企業にアプローチできますから、転職エージェントを使うことも忘れてはいけません。

まとめ

SESを一年で転職するのは有り?という点について説明してみました。
本文でも説明したように客先常駐で働くリスクは非常に高いため、すぐにでも転職すべきです

若いうちであればまだ派遣SEから脱出できます。
理由は簡単でITエンジニアは若ければ若いほど市場価値は高いからです。
弱小の派遣会社を辞め、大手企業や優良企業に就職できるチャンスがあるのは若いうちだと知っておきましょう。

管理人
管理人
ITエンジニアが這い上がるチャンスがあるのは若いうちだけだ!これは間違いないぞ

転職エージェントを絶対に使うこと

ついでながら転職活動には転職エージェントを使うことがマストと言えます。
・非公開求人があるため求人数が圧倒的に多い
・求人サイトの情報は釣りや過大広告が多い
・専属の営業スタッフに企業の雰囲気を教えてもらえる

など求人サイトを使った転職活動と比較すると様々なメリットがあります。
ちなみに転職での失敗理由の断トツ一位は「入社前に思っていたのと会社の雰囲気が違っていた」です。
求人広告や面接の場だけでは判断できないことも多いのです。
転職エージェントの営業は会社の雰囲気もよく知っているためこういったアンマッチを防ぐことができるのも大きな利点です。

管理人
管理人
おすすめの転職エージェントを教えよう。エージェントはたくさんあるがこの三社で充分だぞ

レバテックキャリア




公式サイトはこちら→
IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】

業界でも最大クラスの求人数を誇り、特に強みがあるのが年収アップの実績です。
年収100万円~200万円以上の実績も多数あるため年収アップを狙うインフラエンジニアは是非登録してみましょう。

管理人
管理人
超おススメ!キャリアアップにはド定番の転職エージェントだ

マイナビエージェント×IT




公式サイトはこちら→
マイナビエージェント×IT

国内最大級の求人数を誇り、大手企業との太いパイプを保有しています。
総合力では業界トップクラスを誇る転職エージェントです。

管理人
管理人
大手へのキャリアアップを狙うなら必須の転職エージェントだ

【GEEK JOB】




公式サイトはこちら→
GEEK JOB

未経験、20代、フリーターOKの転職エージェントです。
若手エンジニアの転職希望者は是非是非登録してみましょう。

管理人
管理人
若手SEが転職を狙うならまずは相談してみよう!